機械式腕時計の維持と価値|ロレックスの救世主|修理で再び使えるように!
作業員

ロレックスの救世主|修理で再び使えるように!

機械式腕時計の維持と価値

時計

メンテナンスの頻度は

世界的に広くその存在を知られており、なおかつ人気が高い高級時計ブランドのひとつが、ロレックスです。ロレックスの腕時計は機械式ムーブメントを内蔵しているものがほとんどで、クオーツ式のものと違って電池の入れ替えをせずに長期間使用することができます。しかし一方で、高い性能を保つためには定期的なオーバーホールを行う必要があります。オーバーホールにより精密なムーブメントの調整を行い注油をすると、部品の摩耗を回避していつまでも良い状態を保つことができます。一般的に、オーバーホールは3年から5年に一回行うのが理想的とされています。この頻度を保つことに気を付ければ、たとえば親子2代にわたる長期間、愛用することも可能になります。

リセールバリューへの影響

前述したように、ロレックスはもっとも有名で人気が高い腕時計ブランドのひとつです。そのため中古市場も発達しており、売買も盛んです。従って状態の悪いものであっても、ある程度の金額で買い取る業者は少なくありません。しかしながら理想的なオーバーホールを行ってよい状態を保っているものは、高査定を得ることができ、リセールバリューが高くなります。さらに生産本数が限定されていて、かつメンテナンスが行き届いているものであれば、コレクションアイテムとしても評価され、高額で買い取る業者が少なくありません。つまりオーバーホールを定期的に行って、新品当初のような品質を保っているロレックスの腕時計は、資産としての価値も高いものになります。この特徴を知っておいて適切なメンテナンスを行っておくと良いでしょう。自分でメンテナンスを行うのが難しいと感じる方は、修理業者にお願いするのもいいでしょう。業者に定期的に状態を確認してもらうことによって、さらに長く使用し続けられると思います。