長く時計を使うために|ロレックスの救世主|修理で再び使えるように!
作業員

ロレックスの救世主|修理で再び使えるように!

長く時計を使うために

腕時計

定期的に行うようにする

ロレックスは精密機械なので、定期的なオーバーホールをするようにすると、長く使用することができます。オーバーホールは時計を分解して洗浄したり、古くなった潤滑油を取り換えたりといった作業を行います。定期的にオーバーホールを行うことで、部品の摩耗や劣化を防ぐことができ、部品が故障するのを防ぐことができます。オーバーホールの頻度は、3年から5年に1度くらいが適切だといわれています。ロレックスをオーバーホールする場合、メーカーに郵送するか、近所の時計屋に持って行って依頼する方法があり、一般の時計屋の方が価格を安くすることができるメリットがあります。メーカーに依頼すればベルトやケースの洗浄や、研磨などのサービスが受けられる場合もあります。

毎日使用した方がよい

ロレックスを使うときには長期間使用しないでいると、時計の中の潤滑油が劣化したり、凝固するなどして故障の原因になるかもしれません。ロレックスを長持ちさせるためには、毎日使用したほうがよく、使用しない場合にも定期的にゼンマイを巻いたり、オーバーホールを行うことが大切です。ロレックスは、磁気に弱いため、電子機器の近くに置くことを、避けるように気を付ける必要があります。特に電子レンジは強い電波を発生させるので、電子レンジの近くに置かないように、注意が必要です。ロレックスが磁気を帯びて時刻が狂うなどのトラブルが起こった場合には、時計屋に持っていけば、すぐに磁気を抜いて元に戻すことが可能です。